みんな、オラに単位を!

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヴの時間

2010 - 02/20 [Sat] - 01:25

イヴの時間の上映&トークショーに行ってきました。
まず、ヨッピーが出てきて挨拶。そして、試写会開始。

そしたら、上映終盤に映像が止まるトラブル発生!w
その結果、この映像はDVDで流していたことが発覚w
そして、急遽、休憩時間を取り、準備することにw

約15分後、再開。



とまあ、色々ありましたが、とても考えさせられる映画でした。

あらすじは下の通り(公式ページより引用)

未来、たぶん日本。“ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。

ロボット倫理委員会の影響で、人々はそれを"家電"として扱うことが社会常識となっていた。頭上にあるリング以外は人間とまったく変わらない外見に影響され、必要以上にアンドロイドに入れ込む人々は"ドリ系"と呼ばれて社会問題とされるほどである。

高校生のリクオも幼少の頃からの教育によってアンドロイドを人間視することはなく、便利な道具として利用していた。ある時、リクオは、自家用アンドロイドのサミィの行動記録の中に奇妙な言葉が含まれていることに気付く。

親友のマサキとともにサミィの足跡をたどると、そこには「人間とロボットを区別しない」というルールを掲げた奇妙な店が広がっていた…。




もしも、人間とアンドロイドが区別つかない状態になったら?
近い未来、本当に起こりえるかもしれない世界を描いた映画です。

いい意味で、「映画なんていうのは何も考えずに見てればいいんだよ」という人にはオススメしない映画。
それぐらい考えさせられる映画です。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nihonbuson.blog10.fc2.com/tb.php/1172-c95058a2

 | HOME | 

カウンタ

プロフィール

日本蕪村

  • Author:日本蕪村
  • P.N.の由来はヤマトタケルノミコト。
    電気通信大学4年。


    メールはコチラへ。
    20070215015350.png

    サブ
    ほとんど見ていません。
    gmailが壊れたなどの緊急時用
    20070215021735.png

    msnメール。
    20070215021741.png
    メッセのアドレスでもあります。
    知り合いの方は、登録致します。

最近のコメント

Flashカレンダー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。