みんな、オラに単位を!

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐震偽造問題

2006 - 02/10 [Fri] - 17:45

俺が前々からこのblogに書いてきた耐震偽造問題の重要性。それがはっきり出た。
現在、福岡と熊本でその容疑が出ている。おそらく、まだまだ出る可能性がある。

俺は福岡の建築士の話に疑問を抱く。
「姉歯の時とは全然違う。県側が違う構造計算ソフトを使ったからこんな結果になったんだ。偽造は考えてやったわけはない」と主張している。
ただし、姉歯とこの建築士が使ってたソフトは同じである。
俺は姉歯と同じだと思うし、違う点としたら次のような事だと思う。
「こうした事実になった以上は故意ではなくても無理なコストダウンをしていたから認めるしかない」という考えだった姉歯に対して「このような事実でも無理なコストダウンをしていても俺は正しい」という考えの違いだけだと。
前者の姉歯の考えはあくまでも推測であるが、もしもそうだとしたら、後者は姉歯よりももっと質の悪い人だと思う。

犯してしまった罪に対して良し悪しもないが、俺は姉歯は素晴らしいと思う。事実を真摯に受け止め、罪をすぐに認めた事が。

逆に、福岡の建築士は耐震強度が100%を切ってしまった事実を受け止めて欲しい。それが故意か故意でないかは関係なく。

また、国会はこの議論を証人喚問が終わったからといって中断しないで欲しかった。
最優先に考えて欲しかった。
ライブドアショックや皇室典範などのニュースによって流さないで欲しかった。
最後まで審議して欲しかった。
行政ももっと素早く動いて欲しかった。
姉歯が関与したかどうか関係なく建築物を見直して欲しかった。
地震が多い日本だからこそ早急な対応をして欲しかった。
後からまた出てくる可能性のあるこの問題を真っ先に解明して欲しかった。
メディアも徹底的に報道して欲しかった。
ライブドアショックの方が関心をひくからといっても少しは報道して欲しかった。
建築士の方々を重く受け止めて欲しい。
購入してくれた人が落胆しないような家を建てて欲しい。
さらに、これを読んでいる一人一人に事の重大さを受け止めて欲しい。

そして、何よりも思うのは、この問題を知っている人が中途半端な解決のまま、地震などが起こりこの問題によって死んで欲しくない。

…ちょっと悲しくて、また自分の無力さに悔しくて泣きそうなのでここで記事を終わらせたいと思います。これ以上は気持ちの整理をし、行政のこれから行動を見た後に、また改めて書きたいと思います。
こんなまとまってない記事を読んで下さりありがとうございました。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nihonbuson.blog10.fc2.com/tb.php/356-67066e74

 | HOME | 

カウンタ

プロフィール

日本蕪村

  • Author:日本蕪村
  • P.N.の由来はヤマトタケルノミコト。
    電気通信大学4年。


    メールはコチラへ。
    20070215015350.png

    サブ
    ほとんど見ていません。
    gmailが壊れたなどの緊急時用
    20070215021735.png

    msnメール。
    20070215021741.png
    メッセのアドレスでもあります。
    知り合いの方は、登録致します。

最近のコメント

Flashカレンダー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。