みんな、オラに単位を!

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学習指導要領をしっかり見直す

2006 - 03/07 [Tue] - 22:23

明日は卒業式なので教育ネタで。くだらない文章ですが、良かったらお付き合い下さい。意見もくれると更に嬉しいです。

◆◆◆◆◆

「ゆとり教育」
これは、新学習指導要領時にキャッチフレーズ的に言われていた言葉である。

しかし、新学習指導要領は2つの目的があった。
一つ目は、「完全週休二日制を導入」。つまり、「ゆとり教育」である。
そして、二つ目は「『生きる力』の育成を唱える」、つまり「総合的学習」などである。

しかし、実際「ゆとり教育」は「『生きる力』の育成」の為の一手段であろう。

なのに、マスコミは「ゆとり教育」ばかり言い、「『生きる力』の育成」を全く言っていない。

教師は確かに「ゆとり教育」の為に授業時間を考えていたから、「『生きる力』の育成」はあまり重点が行かなかったのかもしれない。
ただ、何年もやっていれば「『生きる力』の育成」をする余裕ができ、力が注がれるだろう。

それなのに、文科省は数年で無理だと判断し、また元に戻そうとする。
明らかに中途半端だし、教職員も困るだろう。

今回、該当した子供は、より良くする為の「実験台」である。
しかし、こんな序盤の中途半端な時に戻されたら、それこそただの「実験台」である。

これくらいの影響は想像できただろう。
しかし、想像できないでやっていたら、文科省なんていらない。
ただ単に未来を担う日本の子供を捨てたという事なのだから。

俺は、新学習指導要領をした事は怒らない。
中途半端に終わらせた事に怒っているのである。

「『生きる力』を育成する」という事を重点的にやり、その後に完全週5日制にして欲しかった。

(追記)教育教育?お返事その2教育?で話題にしていた「考える力」を新学習指導要領では重要視していました。
本当に残念です。

この記事をもっと多くの方に見てもらえるようココをクリックして下さい!お願いします!

トラックバックありがとです♪
なんかこうやってブログ同士で議論するのって夢だったんですよね(´▽`*)♪
論を述べるのは得意でも、反論とかは苦手だったので(なんかうまく言い返せない)これを機に楽しんじゃいますよー☆
近日中にはトラバするかもです(・∀・)<トラバ発射ー!

くだらなくないよ!

昨日はいろいろお疲れさま。今度集まれるのはいつだろう?

で、意見。例によって薄っぺらいんだけど…

「総合的な学習」といった時間の意義はわかる気がする。視野は広がるし、家庭・地域での教育が足りない分を学校で補う目的もある。もっとも私自身熱心ではなかったが。

文科省からすれば、国際的な順位低下が大きな問題ではなかろうか。

ただ学力の低下を問題視してるのって、文科省だけなのかな?子どもの受験に直面する親の危機感も強いと思うよ。「ゆとり教育」の必要性はわかっていても、学力優先と考える人が多そう。それは子どもも同じ。

受験がある以上、意欲的に学力向上を目指すのって難しいと思う。どちらかというと、不安や危機感から勉強するものじゃない?(もちろんあの学校に入りたいから、って頑張ることもあるけど)とにかく「ゆとり教育」は「受験の役に立たない」の一言で排除されてしまう。

つまり政府の役人だけでなく、親や子も長い目で見られない、ということです。

ほんとに長い!
失礼しました~!(;-;

興味深いテーマなのでコメントさせて頂きます

理系なのによく考えてるなぁ…ほんと蕪村さんってすごいですよね。未熟な教育学部志望の私ですが、コメント。

「ゆとり教育」とはミニマムです。「出来る子」は発展へ。「出来ない子」はミニマムに達成できるように「個に応じた学習を」。旧課程ではこのような応用は利きませんでした。
旧課程で発展を詰め込まれた生徒は授業がわからなくなり、学習意欲が年々低下。統計見てもらえれば一目瞭然なのですが。意欲の低下は学力低下につながります。
新課程は「わかる授業」をすることで、生徒の学習意欲を向上させるための、旧課程時代から見れば画期的な取り組みだったわけです。

週5日制ですが、実際は週休2日制になってしまったと言うべきでしょうか。
ねらいは「学校ではできないことを体験する」こと。自然体験や社会体験です。
しかし実際にはやることがなく、ただ2日だらだら過ごして終わるだけになっています。
「土曜日対策」をしなければ、5日制にしたメリットはありません。でも対策はできていません。結局5日制が活かされていないのです。

新課程では、うまく指導すれば、本当の学力は伸びるはずです。
詰め込み教育では育てることのできなかった力を身につけさせようとしているのが、新課程。
それが正しかったか間違っていたか、証明されるのは何年も先の話でしょう。急ぐ話ではありません。

学力低下傾向があるのは事実。
しかし旧課程の時代から起こっていた事であり、なぜ新課程の代名詞になるのか…
マスコミとは恐ろしいものだと思います。
旧課程を散々批判していたのに、全く都合がいいものだなーと思います。
新課程は、うまく利用すれば学力向上につながる策です。
ただ、教師の力量にかかっているので、難しい部分もあります。
結局、新課程のメリットを活かしきれていないように思います。何年も構想を練ってようやくできた新課程なのに、勿体無いですね。

長文ごめんなさい!
卒業式おそいですね~
私は1週間前に卒業しましたよ♪

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nihonbuson.blog10.fc2.com/tb.php/396-472b2612

 | HOME | 

カウンタ

プロフィール

日本蕪村

  • Author:日本蕪村
  • P.N.の由来はヤマトタケルノミコト。
    電気通信大学4年。


    メールはコチラへ。
    20070215015350.png

    サブ
    ほとんど見ていません。
    gmailが壊れたなどの緊急時用
    20070215021735.png

    msnメール。
    20070215021741.png
    メッセのアドレスでもあります。
    知り合いの方は、登録致します。

最近のコメント

Flashカレンダー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。