みんな、オラに単位を!

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党大勝利の要因

2005 - 09/13 [Tue] - 08:09

コメントでtksさんに「今回の選挙で自民党が勝った要因は何か?」と少し挑戦的な態度で聞かれたので答えたいと思います。

俺は高校生ですので深くは考えられませんが、今回の自民党大勝利の要因は2つあると思います。

第一の要因は主張の仕方だと思います。
郵政民営化をどんどん主張していき、議席数を大幅に伸ばした自民党。
対して、自民党の批判ばかり言って、自分達の主張をあまり言っていなかった(ように見えた)結果、議席数を減らした民主党。
「確かな野党」と言い続け、議席数を維持した共産党。
「憲法問題」を重要視し、同じく議席数を維持した社民党。
自分達の主張がはっきり見えない所に、普通の人の票は入らないと思います。
民主党は最後の一押しが無かったために、「よし!民主党に入れよう!」と思った人が少なくなってしまったと思います。

もう一つの要因としては、マスコミの利用があったと思います。
郵政民営化の造反議員で注目された自民党に対し、何も注目されなかった民主党。
今回、投票率が増えたのも、マスコミが郵政民営化での話題作りをしたからだと思います。
よって、今回初めて投票した人(20歳になったばかりの人を除く)やあまり政治を考えていない人の中で民主党に票を投じた人は少ないと思います。
おそらく、民主党に入れた人は、主張を見比べた人が多いと思います。別に、民主党の主張が素晴らしいという訳ではありませんが。
岡田代表はじっくりと話せば支持してもらえる人だと思います。しかし、準備不足であり、今まで関心がなかった人まで関心を持った今回の選挙では、多くの人々に支持をもらえないと思いました。

以上のことより今回の選挙は、主張とマスコミの両方をうまく使った自民党が大勝利をしたんだと思います。
あと、「郵政民営化に国民の多くが賛成したから」というのは絶対にありえません。公明党の票が増えていないのが何よりの証拠です。

>tksさん
俺が出した解答はこんな感じです。
そこでtksさんが思う正解を教えて下さい。
前回のコメントの方で、俺まで「何かの手の中で踊らされている」という印象を持つ文章を書いていたので、その「正解」が俺にも当てはまるか、見極めたいと思います。

答え


選挙を決める大きなファクターはなんであるのか?と聞いたので
一般的な選挙のケースを考えて欲しいいと思いました。
それでなくては日本という枠組みで考えていては他国のケースを考えられないためです。
基本的に選挙は方法(この場合は普通選挙であり国民投票と考えてください)を地域性や
立候補者の人格、政党の性格、主張などがあります。

わかりやすく、地域性と政党の性格と簡単に分けます。
1の要因は政党の性格というほうが大きい要因と考えます。
ここで主張の仕方を伝えたりする点については確かにそこがありますが、
主張の仕方だけで大方の選挙て決まるんですか?
僕にはそうは思えません。
仮に他国で、共産主義の国で選挙が起きて資本主義を強調しても勝てません!
そこには地域性が大きく左右します。
これは、共産党や社会党が票を伸ばさなかったことからわかります。

しかし、第2の要点は今話した要素とは別の切り口です。
マスコミの使い方と出ました。これは地域性と政党の性格からは若干外れます。
郵政民営化を批判する報道があっても然るべきなのに、ない気が報道では見られました。
小泉の刺客騒ぎを否定的に受け止める内容やなんかがなかった。
そもそも選挙になんでマスコミが出てくるのか?
つまり、情報化社会の近代現代においてマスコミは大きなファクターと言えるというのが言いたかったわけです。
そこで、他国を考えましょう。
小さな国でも、それほど差のない政党が立ったケースにおいても、マスコミを大きく扱った政党が有利になるのは明確です。
でも、そんな事をしていいんですか?
一つの党をマスコミ応援していいんですか?公職選挙法がなかったらできますが、普通は無理です。
矛盾が出てきます。
マスコミは中立でなくてはいけないのにこんな事が発生するのは何でなんでしょうか?
戦前は批判する新聞があれば、肯定する新聞も多かった。
いつのまにか情報は画一的になっています。

以上から私はマスメディアが大きなイニシアティブを持ち、選挙の大きなファクターと考えます。

しかし、マスメディアは現代社会においてももっとも大きなファクターを持つと考えます。
多くのケースで情報化社会だからですか?
この先はあくまで仮説ですが、マスメディアにも批判したらダメなものがあります。
タブーです。なんであるんですか?言論の自由があるんですから、プライバシーを除けばいいはずです。
昔アメリカ批判をした評論家が番組を降ろされたという話を聞きました。
また、情報だけでなく人格についても画一的になりつつある気がします。
私は現在、ある人物の本に興味を持ち、読もうと考えています。
大宅壮一です。調べてください。
私は少なくとも、
1 狭いケースを考えるのではなく、広い視野で様様なケースを若い人に考えて欲しい。
2 結論として現代人はマスコミの手の中で踊ってる。
このように感じたので、挑戦的ながらあのような書き込みをしました。
スミマセン。
意見はこんなところです。
最後にまだ、私の疑問です。
仮にこう考えたとしてマスコミを制御してるのはなんでしょうか?
アメリカ?アメリカならアメリカの何がですか?わからない・・。
人それぞれに答えの考え方はありますから許してださい。

おおむね、あなたの見方はあっていると思います。
これまで投票に行かなかった人や、反自民的なスタンスでこれまでは民主へ入れていた無党派層が威勢のよさやわかりやすさに釣られたのが今回の結果。法案や改革の中身なんざ、まるでわかっちゃいません(もちろん内容を理解したうえで支持した人もいる)。

「よくわかんないけど、やってくれそうだから」なんて無責任な態度ではなく、きちんと自分で情報を集め、考えて判断することが大切なのです。
思考停止の大人が多いのがいまの日本です。高校生でここまで捉えているのはたいしたものだと思います。
きちんと考え、発言する人は疎まれることが多いけど、自信を持って頑張って。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nihonbuson.blog10.fc2.com/tb.php/45-d0d74261

 | HOME | 

カウンタ

プロフィール

日本蕪村

  • Author:日本蕪村
  • P.N.の由来はヤマトタケルノミコト。
    電気通信大学4年。


    メールはコチラへ。
    20070215015350.png

    サブ
    ほとんど見ていません。
    gmailが壊れたなどの緊急時用
    20070215021735.png

    msnメール。
    20070215021741.png
    メッセのアドレスでもあります。
    知り合いの方は、登録致します。

最近のコメント

Flashカレンダー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。