みんな、オラに単位を!

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日の方の総選挙

2005 - 09/14 [Wed] - 18:24

tskさんのコメントより

今回だけではなく、以前、そして次回以降も含めて討論するとしたら、前回言った「マスコミ」ともう一つ「選挙方法」があると思います。

まず、マスコミについての補足ですが、前から書いている「マスコミ」という記事を見て下さい。
総選挙のことは言っていませんが、マスコミの操作はあると思います。それについては新しい記事を書こうとしていましたが、コメントがあったので記事を書けないまま討論に入ってしまいました。いつか書きたいと思います。

もう一つの要因は「選挙方法」、つまり今の「小選挙区制」という制度だと思います。
普通、小選挙区は二大政党化になる傾向があります。(と政経の授業で習いました)
しかし、今回は二大政党化どころか、自民党の為にあるような選挙制度になってしまいました。
一位のみ当選の選挙である小選挙区制。おかげで、今回は民主党の死票が多くなってしまいました。

小泉人気が続く間、また小選挙区制を改正しないまでの間は次回以降も自民党の大勝利になってしまいます。
選挙制度を変えて欲しいです。

あと、「主張の仕方」によって得票数が変わるというのは絶対関係あると思います。
テレビで流れている主張を見て決める人は少なくありません。

>tskさん
tskさんの最初のコメントを見て感じたことは、挑戦的態度ということともう一つあります。
それは、疑問を投げつけたままで、自分の主張を言わなかったことです。
自分の主張を言わないのは民主党と同じです。
ちゃんと自分の主張を最初に言ってからにして下さい。

>らーさん
コメントありがとうございます。
これからも頑張っていきたいと思います。

私なりの挑戦

意見交換のあったこちらのブログにコメントさせていただきます。

小泉自民の手法がマスコミの注目を集めた、つまりそれだけの話題づくりに成功したということですよね。報道が不公平という意見がありましたが、はたして「真の中立」は可能なのだろうか。私は無理だと思います。なんらかの媒体を介する以上、意図や感情が入り込み、偏るのは当然でしょう。

で、国民の方も釣られた部分と食いついていった部分がありそうです。郵政云々はともかく、何かを変えてほしい。つまり現状打破を小泉さんに期待しているのです。先行きの見えない不安な時代に、威勢のいい人を支持するのは当然かもしれません。

私自身、日本は変わるべき時期に来ていると思います。しかし、そのビジョンが持てません。具体例を一つ挙げると、憲法問題です。それには外交や教育(教科書)の問題も絡んでくるでしょう。選挙公約などからは、自民・民主の両党はある種の「改正」で意見が合うように見えます。うまく説明できないけど「危なさ」を感じるのは私だけでしょうか。しかし、一方で改めることを「改悪」という、つまり現状肯定の意見にも納得しかねます。

まだ現状認識すらままなりませんが、政治のこと、それに付随してマスコミとの関わり方なども、できるだけ多くの視点から、広い視野で見ていこうと思います。そして、これからの日本にとって何が一番いいのか(それも結論は一つではないだろう)をよく考え、自分なりの答えをひとまず数年後には出せれば、と思いながらやってます。

・・・すみません。話噛み合ってませんね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nihonbuson.blog10.fc2.com/tb.php/51-851f79d0

 | HOME | 

カウンタ

プロフィール

日本蕪村

  • Author:日本蕪村
  • P.N.の由来はヤマトタケルノミコト。
    電気通信大学4年。


    メールはコチラへ。
    20070215015350.png

    サブ
    ほとんど見ていません。
    gmailが壊れたなどの緊急時用
    20070215021735.png

    msnメール。
    20070215021741.png
    メッセのアドレスでもあります。
    知り合いの方は、登録致します。

最近のコメント

Flashカレンダー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。