みんな、オラに単位を!

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ売れる本は読みやすいのか?

2006 - 08/01 [Tue] - 16:26

なぜ、ベストセラーの本は読みやすいのか?
なぜ養老猛の他の本より「バカの壁」の方が読みやすいのか?
その答えを文章表現法の先生が教えてくれた。


答えが気になる方は続きからをどうぞ。
その前に投票してみる



答え。
文章が「ですます調」だから。

「だである調」は文章に重みがあるが、逆に「ですます調」よりも読むスピードが遅くなるそうだ。

そして、世間は「読みやすい=ですます調」の方が好むそうだ。

実際、養老猛の他の本は「だである調」の為、バカの壁ほどは売れてない。
おそらく、バカの壁だけ、編集者が「ですます調」に変えたのだろう。

皆さんも、ベストセラー本を見る時にチェックしてみよう!

当たってるかな?

藤原正彦『国家の品格』も「ですます調」だね。
逆に言うと「ですます調」の本には内容に重みがない?
そして、みんなが買うのは重みのない本・・・ということか?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nihonbuson.blog10.fc2.com/tb.php/530-c38a59c3

 | HOME | 

カウンタ

プロフィール

日本蕪村

  • Author:日本蕪村
  • P.N.の由来はヤマトタケルノミコト。
    電気通信大学4年。


    メールはコチラへ。
    20070215015350.png

    サブ
    ほとんど見ていません。
    gmailが壊れたなどの緊急時用
    20070215021735.png

    msnメール。
    20070215021741.png
    メッセのアドレスでもあります。
    知り合いの方は、登録致します。

最近のコメント

Flashカレンダー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。