みんな、オラに単位を!

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々・オタク(メディアから見たオタク)

2006 - 08/21 [Mon] - 22:32

オタク市場の研究 オタク市場の研究
野村総合研究所オタク市場予測チーム (2005/10/14)
東洋経済新報社
この商品の詳細を見る






オタク』のあるべき姿を前回書きました。

今回は、メディアがどのような人物をオタクとしているか書きたいと思います。

コミケの報道より。

まずは、日本テレビ
下のはズームインの画像。
20060821215856.jpg

完全に、『オタク=萌え=コミケ』を意識している構成でした。

次に、フジテレビ
下のはスーパーニュースの画像。
20060821220101.jpg

20060821220138.jpg

こっちは、『コミケ=オタク=秋葉原』を意識した構成でした。
オタキングに言わせれば、こんな受動的な人はオタクではないというのでしょうが。

一番、ひどかったのはTBS
下のは朝ズバッ!の画像。
20060821220408.jpg

20060821220429.jpg

完璧に『コミケ=萌え』を意識した構成。
特に、1枚目の写真の方は、「萌え」という言葉を強調して叫んでいる。「みんな、"萌え"てるかー!」(完全にヤラセ)

さらにTBSはひどかった。
2時ピタッ!の番組でもほとんど同じ映像を使っていたのですが、
1枚目の男の人に聞いた質問が意図的に変えられていました。

■朝ズバッ!の映像■
現地スタッフ「この人たちの中で一番(金を)使っている人は、どのくらいの金額なんですか?」
男「3日間で20万円ぐらいです」



■2時ピタッ!の映像■
ナレーション(アフレコ)「普通、どれくらいの金額を使っているのか聞いてみました」
男「3日間で20万円ぐらいです」



「最上級→一般的」に変わってる…。
これがメディアの力。

まあ、2時ピタッ!のナレーターも結構、アニメ好きなんですけどね。


最後に、「オタクとは」と「萌えとは」を書いておきます。(自分の意見も)

■オタク■
メディアの考え:普通では考えられない物にのまり込んでいる人。(だから、有名芸能人のファンとかはオタクではない)
オタキングの考え:何かにのめり込んで、他の人に広めようとしている人。(自分の欲望を満たすための、受け身な人はオタクではない)
俺の考え:同じ分野で本当に何でも知っている、その分野の頂点にいるような人。(だから、『オタキング』と呼ばれている岡田氏などの人だけこそ『オタク』と呼ぶべき)



■萌え■
メディアの考え:オタクが使う言葉。オタクは連発している(と思っている)。
メディアに『オタク』と呼ばれているような人の考え:連発しない言葉。ジャンルによっては、「萌え」という考えすら起こらない。
オタキングの考え:色んなジャンルを、『オタク』と一緒に使うことでメディアが一般人との差別化を図りやすくした魔法の言葉。



Otaku is dead.
これはもうしょうがないかな…。





関連記事
サンデージャポン『The Boom 秋葉原編』
金スマ(アキバ特集)
フジテレビ制作「萌え~潜入!!アキバ系の世界」の
TVチャンピオン「コスプレ王選手権」
出没!アド街ック天国(アキバ編)
NHK「首都圏ハイライト2005」でアキバを語る
TVチャンピオン「フィギュア王選手権」レポ
2時ピタッ!「アキバ特集」
アド街ック天国~池袋東口・乙女ロード~

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nihonbuson.blog10.fc2.com/tb.php/538-b859ea8b

続・ヨタ話なオタ話

 そんなワケで昨日の続き。「集団としてのオタクの死」ってのは分かるんだけど、それ

 | HOME | 

カウンタ

プロフィール

日本蕪村

  • Author:日本蕪村
  • P.N.の由来はヤマトタケルノミコト。
    電気通信大学4年。


    メールはコチラへ。
    20070215015350.png

    サブ
    ほとんど見ていません。
    gmailが壊れたなどの緊急時用
    20070215021735.png

    msnメール。
    20070215021741.png
    メッセのアドレスでもあります。
    知り合いの方は、登録致します。

最近のコメント

Flashカレンダー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。