みんな、オラに単位を!

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exterminated animals caused by Japanese

2007 - 02/05 [Mon] - 10:13

 In Japan, there are about thirty six thousands kinds animals. But, to our regret, there are many threatened species. About seventy kinds animals are specified threatened species in Japan.
 Why are they specified it? I think the three reason exist.
 First, animals from foreign have increased. They are strong in the environment, but local animals in Japan is not stronger than from foreign. Therefore, local animals in Japan have decreased year by year. For example, in 1925, eighty seven black basses were imported in Japan for the first time. They then have increased rapidly. And then, local fish in Japan was decreased. Finally, they are forbidden to breed by law. As I have said, if Japanese didn't take steps to deal, animals from foreign have increased more.
 Second, part of Japanese gives up to breed the animals from foreign, and he has no sense of responsibility whatsoever, they dumped the animals in the nature. And then, their action caused animals from foreign have increased extraordinarily rapid. For instance, in the 1950s, to breed green turtle was a big fad in Japan. however, part of Japanese gave up breeding and dumped green turtle to the nature. Furthermore, because news that the salmonella was detected from green turtle spreads many people, they dumped it around 1975. As a result, green turtles have increased rapidly in the nature. In addition to green turtle, they dumped the harlequin snake, scorpion, piranha, and so on.
 Last, it is the effects of global warming. The temperature went up by one degree for 100 years in Japan. As a result, the possibility of exterminating kind of animals rises. Most professional think that one third of the kind of animals will be exterminated in 2050, and if the temperature rises by two degrees, a lot of animals will be exterminated. Actually Kawamurae(a kind of trout) was exterminated in 1940 in Japan.
 In conclusion, many kinds animals were exterminated in Japan, and we caused that many kinds animals will be exterminated rapidly.




もうね、こんな英語のレポートなんてやだ!

excite翻訳にぶち込んでみた。




 日本に、およそ36の数千の種類の動物がいます。 しかし、残念なことに、多くの絶滅危惧種があります。 およそ70種類の動物は日本の指定された絶滅危惧種です。
なぜによる彼らがそれを指定したということですか? 私は、3理由が存在すると思います。
 まず最初に、外国からの動物は増加しました。 それらが環境に強いのですが、日本の地元の動物は外国であるほど強くはありません。 したがって、日本の地元の動物は年年間減少しています。 例えば、初めて、1925年に、日本で87の黒いバスを輸入しました。 そして、それらは急速に増加しました。 そして、日本の地元の魚は減少しました。 最終的に、法で繁殖するのが禁じられます。 私が言ったように、日本人が取扱う方法を採らなかったなら、外国からの動物はさらに増加しました。
 2番目に、日本語の一部が外国から動物を飼育するためにあきらめました、そして、彼には、責任感が全くありません、そして、それらは自然で動物をどさっと落としました。 そして、外国からのそれらの動作の引き起こされた動物は異常に急速な状態で増加しました。 例えば、1950年代に、アオウミガメを飼育するのは、日本での大きい流行でした。しかしながら、日本語の一部が、繁殖するのをやめて、アオウミガメを自然にどさっと落としました。 その上、サルモネラ菌がアオウミガメから検出されたというニュースが多くの人々を広げるので、彼らは1975年頃にそれをどさっと落としました。 その結果、アオウミガメは自然で雨後の竹の子のように出ました。 アオウミガメに加えて、彼らはハーレクィン蛇、サソリ、ピラニアなどをどさっと落としました。
 最後に、それは地球温暖化の効果です。 温度は100年間日本を1度上がりました。 その結果、動物の種類を駆除する可能性は上昇します。 ほとんどの専門家が、動物の種類の1/3が2050年に撲滅されて、温度が2度上昇すると、多くの動物が駆除されると考えます。 実際にKawamurae(一種のマス)は1940年に日本で撲滅されました。
 結論として、多くの種類の動物が日本で駆除されました、そして、多くの種類で、私たちは動物を急速に駆除させるつもりになってください。





おかしい所は勝手に解釈して下さい。

文法的におかしい所は、どんどん指摘して下さい。
よろしくお願いします。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nihonbuson.blog10.fc2.com/tb.php/573-17d8d01e

 | HOME | 

カウンタ

プロフィール

日本蕪村

  • Author:日本蕪村
  • P.N.の由来はヤマトタケルノミコト。
    電気通信大学4年。


    メールはコチラへ。
    20070215015350.png

    サブ
    ほとんど見ていません。
    gmailが壊れたなどの緊急時用
    20070215021735.png

    msnメール。
    20070215021741.png
    メッセのアドレスでもあります。
    知り合いの方は、登録致します。

最近のコメント

Flashカレンダー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。